上野の森ブログ

狂犬病予防接種について

2016年02月29日

こんにちは   上野の森どうぶつ病院 院長の内村です   暖かい陽気になり、お散歩したり、お出かけしたりしたくなってきましたね。     そのついでに病院での用事も済ましてしまおうと、病院に来られる方がいらっしゃいます。   先日も狂犬病の予防接種を希望された方がいらっしゃいました。       新年度(28年度)の狂犬病予防接種は3/2から 開始となりますので、それ以前に接種すると、 27年度の予防接種をしたことになるため、 4月になると登録している役所から、 『今年度の狂犬病予防接種を打って下さいねー』 と、またハガキが来てしまうことになります。   焦らずに当院から または、役所からのおハガキをお待ちください。                                 ガルボ『3月2日以降に待ってまーす☆』 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僧帽弁閉鎖不全症 ~症状~

2016年02月28日
PA-e1455530000871-246x300

ワンちゃんの心臓病で一番多い病気 それが 僧帽弁閉鎖不全症 同じ意味で弁膜症、僧帽弁逆流、僧帽弁粘液腫様変性などなど色々な呼び名があります。   僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の弁の病気です。   人間では弁膜症といわれる病気で、心臓の中には弁が4つあり、犬では僧帽弁という弁がきちんと閉まらなくなることが多いため僧帽弁閉鎖不全症と言われます。   高齢になると、小型犬では特にこの僧帽弁閉鎖不全症が非常に多く見られます。     犬種によってはこの病気がない方が珍しいくらいです。 さて、この病気に関しては非常に奥が深いので、まずは症状としてこういうものがあれば病院に行ったほうがいい状態をお話します。 血液が逆流してしまう病気なので 呼吸が速い 戻った血液(水分)が肺に溜まって苦しいから   横になって寝れない 肺に溜まった水で苦しいから   倒れる 血圧が下がってしまうから   舌が青い 酸素が足りないから   咳 気管が圧迫されたり、気管支に肺の水が漏れ出てくるから   といった症状を起こします。 そんな時に、レントゲン撮影をすると                 空気が黒で、真ん中の丸いのが心臓です。 左が心臓は問題ない子  右が僧帽弁閉鎖不全症で症状があった子 本来丸い心臓の周りに肺が黒く見えるはずが、真っ白です。 これは・・・大変。 一刻も早く治療が必要です。 先ほど挙げた心臓病の症状たち。 全部が全部当てはまるとは限りません。 さらに、よくある間違いですが 心臓が悪い=咳にはなりません。   咳というものは「咳の受容体(センサー)」が刺激されて出てくるものです。 じつは、咳の受容体(センサー)は心臓と肺には無いのです!!!!   なので、肺に水が溜まって苦しくても咳を起こさない場合があります。     こんなに真っ白に肺に水が溜まっていても、この子は   寝れなくて食欲がない って来たんです。…

毎月恒例☆皮膚科診療

2016年02月22日

こんにちは!上野の森どうぶつ病院の看護師西です。 早いもので2月もそろそろ終わりますね。 なんと3月で当院は2周年を迎えます! なので、3月から2周年記念キャンペーン始まります♪それはまた近日中にブログにあげたいと思います(*’ω’*)   さて、今回は皮膚科診療のお知らせです。 2月に皮膚科の専門医を呼んで開催したら、思いのほか大好評だったので、毎月第一月曜日に皮膚科の専門医に来ていただくことになりました(*‘∀‘)☆ 定期的に来ていただけるので、皮膚に悩んでいる人は必見ですよ(*^^*)   3月7日 月曜日 12:00~  13:00~ 14:00~  15:00~ 16:00~  17:00~ 各時間ご予約受付中! *初診1時間、再診30分の診察時間がかかります *ご予約制ですので、当日受付はできません *別途専門医診察料がかかります(初診料1万、再診料5千円) *詳細はお問い合わせください   皮膚科の先生の詳細はこちら   皮膚科診療も2月27日に開催されるパピ―パーティもまだまだ空きがございますので、ご予約お待ちしております♪       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

バレンタインの悲劇!?

2016年02月18日
20160218_182348-1

こんにちは   上野の森どうぶつ病院   院長の内村です   2月に入って、急に寒くなったり、暑くなったり・・・   体調を崩すワンちゃん猫ちゃんが増えてきていますので、皆様も注意してあげてください。       今回は夜間診療の一つを紹介します。   その電話はバレンタインの夜にやってきました。     『うちのショコラちゃんがチョコレートをたくさん食べちゃったんですが………』     『見た目はちょっと気持ち悪そうなくらいで元気なんですが、診察に行った方がいいですかねぇ?』     さぁ、ここで問題です。皆さんならどうしますか?     ① 当たり前でしょ、すぐに診察   ②様子見でいいんじゃない、人間も食べてるし   ③とりあえず、家にあるもので吐かせよう、塩をたくさんあげるんだっけ?         チクタクチクタク               答えは………………………   ①、②を選択した方は正解です。 ③は危険です。絶対におすすめしません。   様子見でいいの?と思われる方もいらっしゃるとは思います。 チョコレートはどうゆう中毒を起こすか知らなくても、 チョコレートが犬、猫にはよくないとゆうのは有名ですからね。   様子見かどうかは食べた量とチョコレートの種類によります。  …

毎月恒例☆パピ―パーティ

2016年02月17日
$logo_alt

こんにちは!上野の森どうぶつ病院看護士の西です。 一瞬気温が上がったと思ったら一気に下がって、体調がおかしくなりそうですね・・。 風邪をひかないように気を付けていきましょう!   さて、今回もパピ―パーティのお知らせです! いつの間にか毎月恒例になりました! 今回はしつけ教室は行われず、パピ―パーティのみの開催となります(*‘∀‘)     パピ―パーティとは、見知らぬ人や犬とコミュニケーションを取る能力「社会性」を育む場所です。 他の子とじゃれ遊びながら、犬社会を学ぶ、子犬ならではのしつけ教室です☆     2月27日(土)13時からの予定です。 参加条件は6ヶ月齢までの子犬であること!のみです。 持ち物はリードといつも食べているおやつorフードと、飼い主様とわんちゃんのやる気です(; ・`д・´)   予約制になりますので、参加をご希望される方はお電話をお願いいたします。 まだまだ空きはございます!ご予約お待ちしております(*‘∀‘)       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇