上野の森ブログ

熱中症に気を付けよう!!

2024年07月06日
IMG_5543 (1)

こんにちは!ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去ってもうすぐ夏休み暑くてじめじめした季節がやってきました これからの季節は暑さとともに湿度も高くなってくるので、外出やご来院の際はしっかりとした熱中症対策をお願い致します   熱中症の主な原因 ・高温多湿環境下で生活 ・過度な運動 ・熱い時間のお散歩等   が考えられます。   熱中症は重症化すると命を落とす可能性があるので、軽度の熱中症だと判断しても、体に受けたダメージによって数日後に体の機能障害が出ることがあります 気温は高さによっても変わります 大人(150㎝)が32度だとすると、体高の低いお子さんやわんちゃんでは36度以上になります   外出時のチェック事項 ☆お散歩時は地面を触って熱さを確認(日が落ちていても必ず確認しましょう) ☆こまめな水分補給 ☆体を冷やすための保冷剤やハンディファンの持参 ☆日差しがでている時間帯はアスファルトを歩かせない        特に注意が必要な犬種や猫種   *短頭種 気道が短く、呼吸による体温調節が苦手なため熱中症に陥りやすい フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど ペルシャ、エキゾチックショートヘア、ヒマラヤンなど   *肥満・高齢動物 肥満体型の場合、体内に熱がこもりやすく首周りの脂肪によって呼吸機能が低下しやすくなる 認知機能不全症に陥っている高齢動物は、体温上昇や脱水症状を引き起こしやすい   上記に該当する患者様はご来院の際は、日差しが弱まる夕方以降のお時間帯を推奨いたします ただしワクチンなどの予防はワクチン接種によるアレルギーや体調を崩してしまう可能性がありますので、 午前中の接種がお勧めです・・・体温が高いと接種を延期していただく場合もございますので来院の際は   しっかりと熱中症対策をしてからご来院くださいますようお願いいたします!     熱い時間帯のご来院の際には、わんちゃんの場合は地面が熱くなっているのでキャリーやカートを利用し、歩かせてくる場合には火傷防止のために靴を履くことをお勧めします。 また、首に保冷剤をつける・保冷効果のある洋服の着用や、キャリー・カート内の温度が上がりすぎないようにタオルを巻いた保冷剤、保冷マットを入れる(凍らせたペットボトルもお勧め)・クリップファンをつけるなどの熱中症対策をしてご来院ください 猫ちゃんの場合でも、熱い時間帯の移動の際にはキャリーの中の温度に十分注意して保冷グッズの使用をお勧めしています 熱中症対策グッズも様々なものがでてきてますので上手に活用して素敵な夏をお過ごしください         洋服タイプ:濡らすと冷たくなったり、保冷剤を入れるポケットが付いている         ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991…