診療紹介

胸に水が溜まっています!肺水腫・胸水・心嚢水・・・それってどういう事!?

2016年07月06日
IMG_0392

  こんにちは 上野の森どうぶつ病院 の獣医循環器認定医 諌山です。     本日は胸の中の水のお話です   そもそも 『胸に水が溜まる』 状態ですが、胸とは一体どういうことでしょうか?       はい。ここはやっぱりいつもの様に感覚で分かってほしいと思います。 まずは正常の胸の中をご説明します はい。 どうですか?   肋骨の中がすべて胸腔(きょうくう)と言われますが 大きいパウチ袋が肋骨の中と思ってください。   普通はこのように真ん中に心臓があって周りをピッタリ肺で覆います 実際のレントゲンはこれ これが水の溜まってる部位に応じて変化します。 よーく覚えておいてくださいね?   レントゲンの見方は以前のブログでお伝えしましたが、あれれ?と思った方はぜひ復習を「設備紹介~レントゲン~」     さて、肺の中に水がたまった状態とはどういう事でしょうか? はい。胸腔(外側パウチ)はきれいに透明のままですが、水が肺の中にたまっていますね。 この肺が水浸しの状態は、酸素交換ができないので酸欠になってしまいます。 この状態になる病気は ・心臓病からの肺水腫 ・肺炎や感電などの炎症性肺水腫 ・神経の異常からの肺水腫 があります。   原因がなんであれ肺に水がたまれば 基本「肺水腫」ですね。 実際はこれです。 本来肺は黒く映りますが、丸で囲った部分の肺は水がたまったため白く写っています     さて、胸の中に水がたまった状態をお見せします。 肺(白い袋)の中に液体はありませんが、周りが水浸しです。   この胸腔(大きいパウチの中)に水がたまった状態を「胸水」 といいます。   上の写真のように肺(黒い部分)がある程度膨らんでいればまだいいのですが、たまった水が多すぎると肺は膨らむスペースが無くなってしまって・・・ 肺が!膨らんでくれない! こうなったら酸素交換ができないので、呼吸困難です。 ただし、胸の中の水は針を刺して抜くことができます。…

フィラリア症の予防(フィラリア症って何が怖いの?)

2016年04月19日
心臓絵 フィラリアいる場合-197x300

こんにちは 上野の森どうぶつ病院の諌山です 獣医循環器認定医としていろんな病院を回っていると フィラリア症にかかって呼吸困難のワンちゃんを診察することがあります。 フィラリア症って周りで予防されている方が多い場合は、あまり身近に感じない病気かと思います。感染しているフィラリア成虫の数によっても症状は異なります。 ということで、相変わらずの画伯な感じですが視覚でご説明します。 まず正常の心臓がこちら。サイズは変わっても作りはみんな一緒です。 ある程度大きいワンちゃんで、少数の感染の場合は初期は時々咳をするけどナゼかしら?位だと思います。 そんな状態はこちら 肺の血管の中をフィラリア虫体が這い回って肺の血管を痛めつけます。 初期はちょっと咳があるかな?くらいですが、フィラリアが血管の中で生き続けている限り、肺の血管は傷ついていくので段々咳は増えていきます。 そうなると肺の血管が腫れてしまって血液の流れが悪くなります。 こうやって腫れていくのはフィラリアが生きている(5~6年)限り続きます。 初めはちょっとの咳だったのが、走ることもできないほどの息切れになる子もいます。 進行性の心肺へのダメージが起きてしまうんです。 小型犬や猫は1~2匹の感染でも命に関わります。 理由はこちら。 体が小さいから、フィラリア虫体が血管に対して巨大ですね。 あっという間に血管が傷んでしまって、心臓にも負担がかかって・・・ 血液の流れをフィラリア虫が邪魔してしまうと、血液を壊してしまって血尿や貧血を起こしたり 血液のうっ滞が起きてお腹に水が溜まったり・・・ 亡くなった子もいます。 ひどくなるとこんなふうに心臓が変形していきます。 こんな状態になると歩くだけでゲホゲホゴホゴホぜーぜーぜー・・・ 結構見ていて辛いです。 フィラリア症はお薬で100%予防できる病気です。 こんな恐ろしい病気が、月一回の薬で予防できる時代だなんてホント嬉しいですよね~ 皆さん今年のフィラリア検査は行いましたか? フィラリア予防薬はフィラリア症に罹っていないことを確認した上で飲まないと危険な薬です。 万が一フィラリア虫がいた場合は、ショック症状を起こしてしまいます。 残念ながら、東京都台東区・文京・荒川区周辺でもフィラリア症にかかっている子はいます 上がフィラリア症陽性の子の結果 罹ってしまったら本当に怖い病気です 今年も、検査をしてしっかり予防を行っていきましょう! 今二周年記念のまとめて処方キャンペーンも行っています。 1つでぜ~んぶの予防が終わるので好評ですよ☆ フィラリア症についてもっと詳しく知りたい方は以前の院長が書いたブログへGO どうやってかかるのかなどがわかりますよ 今は狂犬病の予防接種の時期ですね はがきが来たけどどうすればいいのかしら? と思った方は以前の狂犬病のブログへGO その他の心臓病の詳しい検査についてはこちら ************************* 他院での診察や手術、研究により不在の場合がありますので 循環器認定医による心臓病診療をご希望の方は事前にご予約ください *************************   ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僧帽弁閉鎖不全症 ~症状~

2016年02月28日
PA-e1455530000871-246x300

ワンちゃんの心臓病で一番多い病気 それが 僧帽弁閉鎖不全症 同じ意味で弁膜症、僧帽弁逆流、僧帽弁粘液腫様変性などなど色々な呼び名があります。   僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の弁の病気です。   人間では弁膜症といわれる病気で、心臓の中には弁が4つあり、犬では僧帽弁という弁がきちんと閉まらなくなることが多いため僧帽弁閉鎖不全症と言われます。   高齢になると、小型犬では特にこの僧帽弁閉鎖不全症が非常に多く見られます。     犬種によってはこの病気がない方が珍しいくらいです。 さて、この病気に関しては非常に奥が深いので、まずは症状としてこういうものがあれば病院に行ったほうがいい状態をお話します。 血液が逆流してしまう病気なので 呼吸が速い 戻った血液(水分)が肺に溜まって苦しいから   横になって寝れない 肺に溜まった水で苦しいから   倒れる 血圧が下がってしまうから   舌が青い 酸素が足りないから   咳 気管が圧迫されたり、気管支に肺の水が漏れ出てくるから   といった症状を起こします。 そんな時に、レントゲン撮影をすると                 空気が黒で、真ん中の丸いのが心臓です。 左が心臓は問題ない子  右が僧帽弁閉鎖不全症で症状があった子 本来丸い心臓の周りに肺が黒く見えるはずが、真っ白です。 これは・・・大変。 一刻も早く治療が必要です。 先ほど挙げた心臓病の症状たち。 全部が全部当てはまるとは限りません。 さらに、よくある間違いですが 心臓が悪い=咳にはなりません。   咳というものは「咳の受容体(センサー)」が刺激されて出てくるものです。 じつは、咳の受容体(センサー)は心臓と肺には無いのです!!!!   なので、肺に水が溜まって苦しくても咳を起こさない場合があります。     こんなに真っ白に肺に水が溜まっていても、この子は   寝れなくて食欲がない って来たんです。…

バレンタインの悲劇!?

2016年02月18日
20160218_182348-1

こんにちは   上野の森どうぶつ病院   院長の内村です   2月に入って、急に寒くなったり、暑くなったり・・・   体調を崩すワンちゃん猫ちゃんが増えてきていますので、皆様も注意してあげてください。       今回は夜間診療の一つを紹介します。   その電話はバレンタインの夜にやってきました。     『うちのショコラちゃんがチョコレートをたくさん食べちゃったんですが………』     『見た目はちょっと気持ち悪そうなくらいで元気なんですが、診察に行った方がいいですかねぇ?』     さぁ、ここで問題です。皆さんならどうしますか?     ① 当たり前でしょ、すぐに診察   ②様子見でいいんじゃない、人間も食べてるし   ③とりあえず、家にあるもので吐かせよう、塩をたくさんあげるんだっけ?         チクタクチクタク               答えは………………………   ①、②を選択した方は正解です。 ③は危険です。絶対におすすめしません。   様子見でいいの?と思われる方もいらっしゃるとは思います。 チョコレートはどうゆう中毒を起こすか知らなくても、 チョコレートが犬、猫にはよくないとゆうのは有名ですからね。   様子見かどうかは食べた量とチョコレートの種類によります。  …

猫バンバンの季節がやってきました

2015年11月28日

こんにちは 上野の森どうぶつ病院の 諌山です いや~寒くなってきましたね! いよいよ冬本番です。 と!いうことは、猫バンバンの季節到来です。 ごぞんじですか? 猫バンバン。 流行ってますよ? 一部の人の間だけですけどね。 猫バンバンしないとこんな子を病院に連れてくることになっちゃいます。 はい、カワイコさん登場です。 この子ですね、ここにいたんです。 *みほんです。 そう。車。 上ならいいのですが、この子がいたのは そう、ボンネットの中。 右足の骨折と皮膚が剥けるほどの火傷をおって病院に運び込まれた子です。 なので、スケルトンにするとこんな感じのカワイコさん。 寒がりなこのカワイコさんは暖かさを求めて、エンジンルーム近くのボンネットの中へ。 暖かさにウトウト寝てしまったら… エンジンかけた瞬間、ビックリして飛び起きてベルトに巻き込まれて火傷と骨折… 痛々しいですね。 それを防ぐために起きて出て行って貰うのが 猫バンバン 谷根千界隈は猫多いですからね~。 今日も子猫を見かけました。 注意が必要な地域ですね 皆さんも是非流行らせて下さい 猫バンバン ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 上野の森どうぶつ病院 http://www.uenonomoriah.com/ 住所:東京都台東区谷中1-5-11 ディアプラザ根津B1F TEL:03-5832-9991 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇